セロトニンを増やそう

投稿日

こんにちは。

 

横山です。

 

最近よく納豆を食べます。

 

好きだからという理由もありますが、腸にも脳にも優しいからです。

 

セロトニンって聞いたことありますか?

 

脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

 

よく幸せホルモンって呼ばれますね。

 

このセロトニンが不足すると脳の機能の低下や心のバランスを保つのが難しくなると言われています。

 

ストレスに弱くなったり、睡眠がうまく取れなくなったりとイイことないですね。

 

ではセロトニンってどうやって増やせばいいのか?

 

リラックスした状態を作り出すと脳からセロトニンが出やすくなります。

 

そのセロトニンは腸に90パーセント近く分布されています。

 

なので腸を揉んでリラックスするとストレスを遠ざけてくれます。

 

そしてそのセロトニンを生成するのには食べ物が大事です。

 

ここからちょっと専門的な用語がでます。。

 

セロトニンはトリプトファンが体内で変換されたものです。

 

トリプトファンは必須アミノ酸の1つです。

 

必須アミノ酸は自分の体で作れないアミノ酸なので、

 

トリプトファンを摂取するにはそれを含む食材を食べることが必要になります。

 

そのトリプトファンを多く含むのが納豆なのです!

 

他にも、

 

・チーズ

・ヨーグルト

・ナッツ類

・豆乳

・豆腐

・赤身の魚

・レバー

 

などがあります。

 

なかでも納豆やヨーグルトなどの発酵食品は腸にも優しいので、腸にも脳にも優しいのです。

 

 

「よし!じゃあ上にあげた食材をしっかり摂取しよう!」

 

となりますが、実はトリプトファンを取るだけではだめでビタミンB6も合わせて摂取します。

 

トリプトファン+ビタミンB6=セロトニン

 

このビタミンB6は豆類、玄米、バナナ、アボカドなどに比較的多く含まれています。

 

レバーや赤身魚にも多く含まれているのでこれらは両方摂取できてイイ感じですね。

 

トリプトファンをしっかり吸収する小腸の働きと食材に含まれるトリプトファンとビタミンB6。

 

これらがそろうとばっちりセロトニンが生成されます!

 

腸にいい食材を食べる。

 

腸を揉む。

 

こんな感じで意識するとストレスを減らして穏やかに過ごせそうですね。

 

いつも通り好きな納豆を食べますが、意識してあまり普段食べないバナナやアボカド、豆類も食べるようにします。

 

みなさんも腸を意識してご飯食べたり、揉んでリラックスさせてあげましょう。

 

それでは!

 

 

 

 


 

ご予約はLINE@もしくはメールでも承っております。

 

友だち追加

 

LINE@      @grd9549b

 

MAIL        body.works.seitai@gmail.com

 

LINE@が返信も早くおすすめです。

 

またホームページのお問い合わせフォームからもご予約いただけます。

 

Twitterでも細かいお知らせを更新しています。

 

BODY WORKSアカウント https://twitter.com/BODYWOR80726945

 


 

お電話でのお問い合わせ

 

03-6206-9214

 

施術中や業務での外出中等お電話に出られないこともあります。

 

その際は留守番電話にご用件をお残しいただければ手が空き次第折り返しご連絡させていただきます。

 

営業時間外のお問い合わせはLINE@もしくはメールでお願いいたします。

 

一人で運営しているためご理解とご協力をお願いいたします。

 


 

整体サロン BODY WORKS 表参道

 

107-0072

 

東京都港区南青山6-2-7 クレグラン骨董通りビル7F

 

東京メトロ各線 表参道駅B3出口より徒歩7

 

ビルがオートロックのためこちらでロックを解除しないと7階のボタンが点灯しません。

 

ご来院の際は1階のエレベーターホールよりインターホンでお呼びください。

 

 

コメントは受け付けていません。